2月25日(日)あの世の小窓座談会/暴発寸前・新春こそ気を抜くな!

啓蟄・春分・芽吹く春・節分(本当の新年)
1〜3月の重要性を知れば五月病はなくなる・人間界に直作用する春の振動
春眠=幽体離脱

詳細はこちら

天の川を見たのっていつのことだろう・・・な夏真っ盛りの出来事

日々のつぶやき
スポンサーリンク

我が家は水に関しては心配のない地域で、無事です( ´ ▽ ` )ノ

線状降水帯が怖い

大雨の被害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。

 

ここ数年毎年のように水害に見舞われています、福岡県久留米市周辺。

筑後川という暴れ川を抱えている地域。

昭和28年6月の大洪水の話は、子供の頃から幾度となく聞かされてきた。

 

じいちゃん、ばあちゃん、ひいばあちゃん、父、

その被害の痕跡(水に浸かった跡)も名残も、代々伝えるべき物(掛け軸や文献、桐の箪笥)に残っていたので目にしている。

 

復旧するまでには現代よりも、はるかに時間がかかっていたんだろうと推測できる。

食べるものもなく、水も出ない、仕方なく流されてきた家畜を食べるしかなかった・・・

とか、

その後立て直した家は、

基礎を2メートルくらい掘って、当時最先端の鉄筋コンクリート。

近所はまだ木造しかない中、水害で被害を最小限にしたいと考えたじいちゃんが

こだわり抜いた家らしいのです。

 

快適に過ごせる物が揃えられた環境で過ごしている萬里達子供らには

その時、当時の洪水のひどさが想像できなかったけど、それが現代に蘇ったかのように

目の当たりにする夏を毎年のように過ごしている気がする。

 

霊達の供養をしていると、昔の地獄絵図のように自然災害で

大量に人が亡くなる場面を視せられることもある。

 

筑後川がどんだけ暴れ川なのかは、それを視てもよくわかる。

 

<日本有数の暴れ川>

関東「利根川」坂東太郎

九州「筑後川」筑紫次郎

四国「吉野川」四国三郎

 

人間は川の近くに住み、そこから生活を発展させてきているけど、常に危険とも隣り合わせ。

筑後川の氾濫を防ぐために、水門の調節、ダムの調節、その結果

地域が沈んでしまうのはしょうがないのかもしれんけど、これが毎年となるとなんともやるせない。

 

それでも、みんな元通りの生活に戻るところ、強いなぁと思う。命あればこそなのですけどね😢

 

我が家は水に関しては大丈夫な地域に住んでるんだけど、実家はまた浸水してしまいました。

昭和の洪水を経験してる人たちは、トラウマが蘇るかのようにパニックだったと思います。

 

経験者の父は、なぜか「排水ポンプ」を持ってまして、さっさと排水作業をやってました😅

何事も学びに変え備えるところ、やはり強い。

水がかなり汚かったので、その後の感染症などの防止のためにも消毒は欠かせない

まだまだ浸水後にやることはたくさんですね💦

 

お山もかなりの水分を含んでいるようなので、まだまだ土砂災害には気を付けて過ごさないといけないと思います。

雨の合間に!と気軽に出かけるにはちと怖い状況です、皆様引き続き注意を怠らないでくださいね。

デビューの場へ再臨

実は萬里、人見知りなんですよ(。-_-。)

あ、誰も信じない?よね・・・

人見知りに見えない人見知りなんで、知らない人の集まりとかに行くのすごい躊躇するし、人前で喋るのなんか自殺行為と一緒なくらい苦手なのよ。

 

そんな萬里に「ゲストスピーカーとして来てくれ!」と、とある企業の会長さんから依頼があったのが、7〜8年前。

 

お稲荷さんのことでちょっとした出来事があって、直接知り合った訳ではなかったのだけど、人伝いに電話番号を渡されて「ゲストスピーカーで来て欲しいので、とにかく電話して。」とだけ言われた。

どんな集まりなのか?どんな人が集まるのか?さっぱりわからない状態だけど、なんにしても知らない人の中にポーンと飛び込むのは苦手なので、すぐにお断りをしようと思った。

せっかくお話しいただいたのですが、お断りさせていただこうかと思って電話しました。

おお、お電話ありがとうございます。もう会員にはファックスで案内してるから、タイトルだけ決めて貰えば大丈夫なのでね。
みんな楽しみにしていますから。

いえ、人前で話したりしたことがないから、お断りしたいのですが・・・。

うん、大丈夫です。タイトルはなんにしましょうか〜「あなたの知らない世界」とかでいいですかね?
なんと紹介していいものかわからなかったので、お名前とだいたいの内容だけ案内してるから。

あれ?お断りってのが伝わらない。これってもう断れない感じ?!
決定みたいに言われてる・・・。

とにかく気楽な感じで来てくださいね!楽しみにお待ちしておりますから。

え、あ、は、はい。

偶然チラッとお会いした時にも面白い事件を起こしてくれて、突然マジックを披露され、手に触れた時にものすごいエネルギーの高い面白いおじいちゃんだなと思った、顔見知り程度の面識しかないのに、突然ゲストで呼ばれるとかこんなことある?!

そう思いつつも、あっという間に流れに乗せられて、緊張MAXのまま、なんの準備もなしにその場へ臨んだ。

誰1人否定的な意見はなく、あたたかく受け入れてくれて、難なくその場を終え、それからずっとその会に聴く側として呼んで頂いている。

その後、ロータリークラブの例会のゲスト、NPOの代表の方の会合のゲスト、大学院の講師といきなりの大舞台へ立て続けに呼ばれて、何が何だかわからない状況ばかりで世界が一変。

どれも、普通に生活してても出会うことはなかっただろう凄い方々が呼ばれている。

毎度会長の人脈の凄さに驚く。

会長が何者なのかは徐々に知ることになっていった、知れば知る程すごい人なのだ。

最近はマジックおじいちゃんとして、テレビやラジオに時々取り上げられておられます。

そこからの出会いで世界が広がった。とても感謝しているし、会長も集まってる方々も大好き。

今があるのは、この会にお呼ばれしたのがきっかけでもある。

その場へ再びゲストとしてお呼ばれしたので、今回は成長したところを見せねばと準備から頑張りました

╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

後で見返すことができるように資料も作ってね。

亡くなった人視点でのお話をば。

今月の座談会の内容と被せてるので、7月23日(日)座談会参加の方にもお渡しします!

人が集まる時は私を呼んでください!新しいマジックを披露しますから〜!!

って、言ってくださいました。いつか呼ばなきゃ♪

 ♪いつも読んでいただきありがとうございます♬
フムフム、そんなこともあるんだ〜!まぁ、なんやわからんけど頑張ってくれたまえ!!

↓と同情していただけましたら、下記バナーをいずれかポチッとお願いします 😀 !↓

にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
あの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬屋事務局) - にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

イベント案内

★7月23日(日)あの世の小窓座談会/先祖・お墓・仏壇の在り方
★7月29日(土)7月:夜のお食事交流会

参加申込の締め切りは7月23日(日)/7月14日現在定員まで残り5名となっております。

★8月4日(土)心身健康底上げワーク/夜開催
★8月13日(日)夏の遠隔合同祈祷

受付は開始しております。依代への書き込みが必要なので、受け取りに来てくださいね。

*会場の詳細はお申し込みの際にお伝えします。(福岡県久留米市内)

(公共機関のご利用が便利です。お車でお越しの際は、駐車場は近隣の駐車場をご案内しますのでお申し込みの際お知らせください。)

*いずれのイベントも日程・時間・内容は変更になる場合があります。

*LINE萬屋事務局公式アカウントに登録いただくと、講座・座談会共通のスタンプカードがあります、スタンプを貯めるとレアで特別なあなただけの護衛『虎身守り』をプレゼントさせていただきます。その他の特典もLINEからの配信になりますので、この機会にぜひご登録ください。

〜お申し込み・お問い合わせ〜

登録する

萬屋事務局LINE公式アカウント

LINE公式アカウントからも、お申込み・お問い合わせが可能です。

*LINE1:1トークは10:00~23:59の時間帯で返信いたします、以外の時間帯は自動応答となりますが、対応時間になり次第、あらためて返信いたします。

メールをご利用の場合は

yorozudou.kenkyukai@gmail.com

*PCからの返信になります。迷惑メールへ振り分けされる可能性があるので、送信前に受信設定等の確認をお願いします。

〜ネットからも残席確認・参加申込が可能になりました!ご活用ください!〜 
イベントへの参加申込はコチラ

タイトルとURLをコピーしました