11月27日(日)あの世の小窓座談会/やれば幸運に差が出る年末行事

・大雪・これまでやってきた年末行事の過ごし方は合ってる?・福を呼び込むためには・年末最優先事項・心身の浄化
*遠隔合同祈祷に向けて(お焚き上げの品回収)決行日12月29日(木)*
【夜のお食事交流会参加申込みは締め切りました】

詳細はこちら

神を知っているということ

トピックス
スポンサーリンク

No.4の玉。

またまた登場(笑)

 

よく、「神様なんて信じてんだ?」

てな言葉をいただきます。

 

私は、その感覚がよくわからない(笑)

 

神を「信じる」とは何事であるか。

 

神は、人間を創った親も同然。

 

その親に対して、「信じる」?

 

もし、我が子が成長し、

 

「顔立ちが似ているようだから、僕は、あなたを親だと信じる」

 

などと吐き捨てようものならどうしますか?

 

まず、悲しいし、承服しかねるはずです。

 

だから、私にとって、神とは信じるものではなく、「知っている」と言った方がしっくりきます。

 

私は神が人間を創ったことを知っています。

コメント

  1. 萬里 より:

    ねぇねぇ。
    これ書くのに何分くらいかかった?( ̄∇ ̄)

  2. より:

    あ、10分ぐらいです(^_^;)