2022年5月28日(土)〜夜のお食事交流会〜

〜大人ならどなたでも参加可能なお食事会です〜定員まで若干名余裕あり
テーマなどは設けていません、参加理由はなんでもOK!!お料理を準備してお待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

詳細はこちら

疑問にお答え&おくちクサイご時世[黄砂も花粉もまだ全開]

トピックス
スポンサーリンク

定期的に受ける血液検査と心電図で、毎回血管と心臓を絶賛される萬里です( ´ ▽ ` )ノ

診察予約の時間通りに行っても30分以上待たされる時、それは前の患者さんの血管の出にくさに

看護師さんが悪戦苦闘している時。

その後の萬里はもう超絶チョロい患者らしい。

とりあえず世間に自慢しときます!って看護師さんに言っといたよ♪

ついに『治験薬』が終わり、来月はその後の検査で最終回。

一年って早いですよね(; ̄ェ ̄)これで色々制限は解禁になりました。

あ、先日お問い合わせあったので、

頂き物を紹介してネタにしているだけなので、イベント参加やお尋ねの際に何か必ず持ってくる必要があるわけではありませんよ。皆さんのお心遣いは承知しておりますので。

手ぶらで気軽に来て頂いて構いません( ´∀`)いつも応援ありがとうございます!

大阪のがーこさんおまた!

本日は『4』について、いってみよ〜!

  1. 家の信仰と自分の信仰が違った場合、先祖供養の方法
  2. 正しいお墓の在り方
  3. 自分の前世と、今生の目的
  4. *霊能力の有無
  5. 神様、仏様のお姿を視えるようになりたい

Q:霊能力の有無

A:あります!皆さん、標準装備です。

これは、がーこさん自身にあるかどうか?って質問でしょうかね?

がーこさんに限らず、皆さんにも『標準装備』です。

ただ、その使い方を忘れてるだけなんですよ!

『霊』と付くものも元々皆さんと素材は同じ、肉体のない存在で、波長(エネルギーの強さ)が違うモノってだけ。

 

『第六感』とも言われますが、これは『五感』の延長線上にありますのよ。

 

環境:自然が減って、四季も狂ってしまい季節感がおかしい、身体を使わなくても機械がやってくれる、何かに任せてても危険は減り安全に暮らせる、何かを五感で感じ取って察知する機会が減り、座ったままでも情報が手に入る。

いつの間にか電磁波に囲まれる生活。

色々身の回りが便利になればなるほど、第六感は使う必要がなくなり退化していく。

 

人間:不具合が起これば医療や化学に頼り、せかせかとした忙しい毎日を送り、できるだけ何事も簡略化して、ゆっくりとした効果の自然のものよりも、即効性のあるものを求める。できるだけキツイことは避けたい、痛い苦しいよりも、心地良い楽なことを求める。人と人の繋がりがめんどくさいと感じる。

精神疾患や原因不明の病気に襲われ、人との交流よりもテレビやネットの情報を信じ、不安を煽られ更にもがき苦しむ。自分の身体と向き合い対話する、五感で感じたことから、何かを発見をして、考えて試行錯誤、実行する力が弱まってしまう。

五感を上手く使って、感じたことを元に判断しながら過ごしていかないと、脳も第六感も使う必要がないので退化していく。

 

どんなに不老長寿を夢見ても、人間はもれなく誰でも死ぬ確率100%!ということを前提に、まず死がどういうものかしっかり理解する必要がありますね。

 

元々、五感は人間が安全に生きていくために備わっているものでもあるので、普段から使っていくことで、自然に第六感も開いていきます。

 

その第六感がどこまで使えるようになるのかは、前世や後ろの人も関係してくるので、みんなが全開に霊能者みたいになるわけではないのですが、なんとなく感じる・分かるようになったという方は次々と現れます。

魂が資質を持ってる人(前世で感覚的なことを用いた生活してたり)の場合は、萬里みたいな人間と接しているだけでも、刺激されて引っ張り出され、自然といろんなことがわかるようになってきます。

萬屋事務局のイベントに来てる方々、お尋ねや鑑定に定期的に来られる方々の中には、当たり前のように『先見え(予知)』や『守護霊』の生前のお姿をキャッチしたり、霊の訴えに気づいてあげられたり、何かの存在をニオイで嗅ぎ取ったり、肌で感じたりと、第六感がバッチリ働き始めた方々がたくさんいらっしゃいます。

 

霊感とは必ずしも『目』で見るものではなく、第3の眼(心・脳)で見るものなので、五感をしっかり使って刺激をしていくこと、経験を重ねて自分なりの情報を集めて判断材料にすることで、研ぎ澄まされ磨きがかかっていきます。

予知夢的なものも、脳が起こしてる現象の一つやしね。

 

霊的な能力とは、『滝行』したからとか、険しい山を登り続けたからとか、『祝詞』を覚えて神に祈ったからとか、どっからか突然降って湧くものではなく、日常から人間の器官や機能を十分に使っていくことが必要なんです。

人を助けるなど何か大役があれば、早くから使い慣れる必要があるから、生まれた時、生まれる前から突出して現れてるはずなので。自覚あるなしは別としてねw

 

そんな萬里は、自覚する前から、元々人とは違う視点から物事見てるみたいなので、話がぶっ飛んでたりする、人としてあるべき姿は重視するけど、世間の普通がイマイチわからないで、『変なヤツ』として扱われてきました。(今もですけど´д` ;)

空間認知能力が極端に低く、極度の方向音痴で球技が苦手、距離感が分からず怪我ばかりしてます。

そして、頭を使いすぎて五感を使っていなかった時は、人の名前と顔を覚えるのも苦手、カタカナ文字も苦手、運転も当て逃げ常習犯(全て時効)でした。

どこかが突出してれば、どこかが絶望的に抜け落ちてる。そんなもんだと思います(笑)

 

全て感で動くようになってからは、ある程度運転も上手くなったし、パトカーに気付くのも早くなった。

危険を察知するのも早くなったし、多少の危険なら死ぬこと以外はかすり傷扱いやし、

人の顔と名前は名刺もらっても1回で覚えられないから、全体のフォルムと放つエネルギーや、その人の背景に浮かぶ映像で覚える。

そして年齢的に忘れやすいお年頃にもなってきたので、都合の悪いことは忘れるようになった。

 

バランスを取るためにも自然に逆らわない「自分なりの感覚の応用のコツを覚えること」が、生きていく中で大事になってくるのではないかと思います。

自分の得意な感覚を活かして過ごしているだけでも、これまで気付くことのなかった見えないものに反応できるようになってくると思います。

 

みんな持ってる霊能力(第六感)。必ずしも霊に対することだけに使うわけではありません。その標準装備の第六感を呼び起こして、活用してみよう!

 

ってな、感じで大丈夫ですか?がーこさん( ̄▽ ̄)

この気温は脱水注意報

ここんとこ気温が異常に高いっすよね(;´д`)

天気の変化も極端で、気圧にやられてる⤵️って思ってる人多いかも〜。頭痛や頭重、体が重い、だるい、食欲不振などなど・・・。

しかし、必ずしも気圧のヤツのせいとは限りません。

「また頭痛だわ〜。」と思ったら、ソッコー鎮痛剤に手を出す前に、まずは水分補給をしっかりしてみてください。

思ってる以上に身体は乾いてます。喉が渇いた〜と感じる時は、もうかなり脱水状態です!

身体のほとんどが水分でできてる、そしてその脱水状態に真っ先に気付くのが『脳みそ』

だから、危険な状態に陥るずっと前の時点で「脱水ですよ〜!」ってお知らせしてくれてる、その現象として『頭痛』が現れます。

「お水は毎日たくさん飲んでるから大丈夫!」

そうでもないんです。ただのお水には、摂るべき必要なものが入ってなかった💧以前の萬里もそうでした。毎日2リットル近くお水を飲んでいるのに、嘔吐下痢も脱水も頻繁になってました。

必要なのは『ミネラル分』とっても大事なのに、体内で生成することができないから、外から補わないといけないんです。

必須ミネラルは2分類でこんだけ必要↓

☆主要ミネラル分:カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムの7種類

☆微量ミネラル分:鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルトの9種類

普段の食生活の中である程度摂れていたりもするので、摂取量というのは守らないと過剰に取りすぎても不具合が起こるものでもあります。

その中でもこれからの季節特に注目しておくべきが『電解質(イオン)』

大手が出してる飲み物が色々ありますよね、イオン飲料ってヤツ。病院で勧められる『OS-1』も。

電解質(イオン)とは、水に溶けると電気を通す物質のことです。電解質は水中では電気を帯びたイオンになり、電気を通すようになります。

人間の身体には、微量の電流が流れてるってのはよく聞きますよね?その流れをスムーズにする助けになります。

この電解質(イオン)は、細胞の浸透圧を調節したり、筋肉細胞や神経細胞の働きに関わるなど、身体にとって重要な役割を果たしています。

電解質(イオン)は少なすぎても多すぎても細胞や臓器の機能が低下し、命にかかわることがあります。

☆主な電解質(イオン)ナトリウム・クロール・カリウム・カルシウム・マグネシウム

市販のイオン飲料は糖分が高すぎると感じます。甘味はほんの少しあれば口当たりも良く、飲みやすいし、吸収しやすくなるから、ちょっとでいいんよね。

萬里はどうしても出先で買わなきゃの時は、お水と一緒に買って薄めたやつに、お清め塩入れて飲んじゃいます。

なんで改めてまた言ってんのかというと、脱水状態の時って腎臓や肝臓に負担がかかってたり、機能が悪くなってたりするんです。身体の水分調整や分解に主に関わってる器官だからね、顕著に出るみたい。

で、なんでそれに気付いちゃうかというと、萬里の五感がすごく敏感なの知ってますよね?

その中でも『嗅覚』がズバ抜けて敏感だから、人の内臓の具合がニオイでわかっちゃうんですよ

( ;´Д`)

なんのニオイが気になってんのか?!

その代表が『口臭』

うん、気付いても本人に直接くさいとか言いませんよ。何に起因するニオイなんだろう?って黙って分析したりしてます。

でも、すごくデリケートな問題よね。言われないまま、周囲からそう思われてるってのは結構堪えます。

口臭の原因って色々ありますが、ニオイでどこから出てるのか分かるんです。

  1. 口腔内・・・歯肉炎や歯槽膿漏、虫歯、それぞれ微妙に違いますが、魚や野菜が腐ったような臭いに近いです。
  2. 胃腸の不調・出血を伴う内臓の病気・・・生ゴミのような、ナマモノが酸化した臭いに近いです。時間の経った血液?ドブのようなニオイの時も・・・。
  3. ひどい便秘・・・「う○ち」そのものの臭いが漂います。子供は特に身体全体から発する。
  4. 腎臓・肝臓・・・アンモニア臭のような、ネズミの糞尿のような、乾燥したイメージの酸っぱい?臭い。
  5. 器官の炎症・鼻炎・蓄膿症・・・ドブ・下水のような臭い。膿そのもののようなニオイ。
  6. 過度のストレス・ホルモンバランスの崩れ・・・口腔内の唾液が減って乾燥すると細菌繁殖が促される。魚や野菜やタマゴが腐ったような臭い。
  7. は発生している臓器によって、臭いが違います。
    • 乳がん・・・たくあんのような発酵臭
    • 大腸がん・・・玉ねぎが腐ったにおい
    • 呼吸器系のがん・・・肉が腐った臭い

ニオイを言葉で表現するのって難しい( ;´Д`)

自分に水分が足りているのか?足りていないのか?感覚的にわからない時は、目で見る方法として、

「鏡で舌を見てみよう!」と以前書いてたと思うんですよね。下の上に白い苔がべっとりとベットリと付着して、その苔に厚みがあるように感じる時はすでに脱水状態ですよ〜。

人から指摘されるよりは、自分で時々気を付けてる方がいいと思うんです。

なぜなら、最近出会う人の近くに寄らなくても口臭がキツいことに不快さを感じることが多いから。マスクしてても関係ない。

テレビやネットの宣伝見てると、中高年に向けた口臭予防や対策のサプリメントとかがすごく多いんだけど、どんだけ取り込んでもガム噛んでも、ミント噛んでも、歯磨きしても身体の底から放たれる臭いはごまかせない(;´Д`A

しかも、中高年が臭いかのように言われてるけど、ここんとこ気になったのはみんな10代〜30代。

で、ことごとく同じなの「4.腎臓・肝臓」から出るニオイ。やたらに多くてびっくりしてるくらいよ。これねかなり「ツーン」と鼻につく臭いなの´д` ;

若くても、腎臓や肝臓の状態が良好ではないのかもしれないよ。必要な水分取れてないんじゃない?

口の中が潤ってるだけでも臭いはかなり軽減できるんだけど、みんな取れてるようで摂れてない『質の良い水分(ミネラル・電解質)』

肝臓も腎臓もフィルターのような機能だから、いつも滞りなく循環できるようにしといて欲しい。

『肝心要』って聞いたことない?肝腎要とも書きます。非常に重要な物事の中でも、特に大事なものを指す言葉。

疲れ、ストレスや投薬なんかの影響もすぐに受けちゃう、だからせめて質の良い水分で毒素を洗い流すかのようなイメージを持って、毎日きちんと水分摂って欲しい!

口腔内も内臓も乾いた状態では、人を不快にさせない清潔感や健康が保てるはずないの!

いうても、そんな臭いに敏感に気付くのアンタだけでしょ?

とか思ってる?意外とみんな口に出して言えないだけかもよ?

だって原因分からんのに、それ本人に言っちゃったら、悩んでしまうと思うもん。

お金かけて色々対策しても効果がないなら、原点に戻ればいいだけの話やん。

人間の身体はほぼ水分で構成されてるんやから、その体内の水分をキレイにしてあげれば良いだけのこと。思わぬ相乗効果で、アレコレ身体の悩みが解決することもあるよ( ´ ▽ ` )ノ

萬里がオススメしてるのは、お水に「お清め塩(わりとどっさり)」と「スポーツドリンクの粉少々」を混ぜたやつ。市販のペットボトルを買うより、コストは低く済むから長く続けられる。

細かいことはお立ち寄りいただいた時やイベントの時にお伝えさせてもらってるから、気になる方は聞いてくださいね!

↓フムフム、そんなこともあるんだ〜と思ったらバナーをポチッと!励みになって更新頑張ります(^人^)↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
あの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬屋事務局) - にほんブログ村